札幌でスキー教室・スキーレッスンなら                                          【公益財団法人全日本スキー連盟公認】
札幌藻岩山スキー学校

スーパージュニア

スーパージュニア会員コース指導方針等

1  指導方針

  • スキー活動を通して、豊かな人間性や社会性を育むと共に、一人一人の個性を生かしてその能力を十分に伸ばし、自ら学び・自ら考
    える力の育成に努め、生涯にわたり豊かなスポーツライフの基礎を培うようにする。

    ジュニアスキーヤーの技術力向上を目指し、大会で入賞できる選手を育てる。練習内容は基礎トレーニングを中心にアルペンのポールトレーニングも活用し、大回りのスピードに強くなる為のGSや、小回りの身体に切れを引き出す為のSLセットを滑り、幅広く練習を行う。

2  指導目標

(1)安全管理上のルールやマナー・モラルの習得
(2)競技会(ポール)・各種大会への参加と指導・育成
(3)ポール練習(GS・SL)、整地・不整地のスキー技術の習得

3  指導体制

(1)委員長・副委員長を中心に、統一したカリキュラムでの指導。
(2)コーチの判断によりクラス(S・A・B・C)分けを実施し、レベルに応じた指導。

4  スタッフ

  • 委員長、副委員長を中心に編成。

5  指導カリキュラム

  • 挨拶や返事、コーチ(相手)の話を聞く時には目(顔)を見るなど、学習者として当然の態度を身に付けることは勿論、チームメイトや関係者とのより良いコミュニケーション能力を高める。
  • スキーが好きである気持ちを大切にし、生涯にわたりスキースポーツ(スノースポーツ)を愛好し、豊かなスポーツライフの基礎を培い、基本的な技術から発展的な技能までの習得を目指す。
  • クラス分けを行い、実態に即した適切な指導を実施し、各個人の伸長を図る。状況に応じてクラスの入れ替えも行う。
  • より向上心のある個人及び集団となるよう日常の練習環境を整える。その他各種大会へ積極的に参加し、上位入賞を狙える選手の育成。

(1)Sクラス

①スピード変化に対応できるポジションの確立
②ポジション変化のリカバリー
③斜面状況に応じたスタンスの対応
④ターン始動の質的向上

(2)Aクラス

①スピードに強くなる
②前後ポジションの確立
③ターンの質的向上

 (3)Bクラス

ターン運動の確立
左右ポジションの確立

(4)Cクラス

スピードのコントロール
良いポジションの確立 

 6  練習内容

(1)冬休み中

①豊富な滑走時間を確保し、スピード・ターン・ポジションの質的向上を図る。
②変化に富んだ斜面(整地・不整地など)を滑走し、スピード・ターン・ポジションの質的向上を図る。
③斜面・斜度・雪質など、状況に応じた滑走が出来るようにする。

(2)ナイター(火・木)

①ポール練習(SL・GS)により、スピードとターンの質的向上を図る。
②変化に富んだ斜面(整地・不整地など)を滑走し、スピード・ターン・ポジションの質的向上を図る。
③スピードの向上(限界スピードを上げる、スピードに強くなる)を図る。
④斜面・斜度・雪質など、状況に応じた滑走が出来るようにする。

(3)土曜日

昼間の基本練習を原則とするが、大会等でナイターまで行う事もある。

7  練習時間・期間

(昼間9301430、昼休み60分、夜間18452045

202112(昼間)25()30()
2022 1(昼間)3()5()7()8()10(祝月)12()14()15()22()29()
 1(夜間)4()6()11()13()18()20()25()27()
 2(昼間)5()12()19()26()
 2(夜間)1()3()8()10()15()17()22()24()
 3(昼間)5()12()19()
 3(夜間)1()3()
 ※シーズンはじめの降雪状況や、後半の融雪状況によるスキー場の営業期間変更により練習回数が減る場合もございますのでご了承ください。
※今季の春季合宿は中止致します。

8  安全管理

練習中において安全管理には十分努めますが、大会での参加者義務及び万が一の事故などに備えて「ヘルメットとできるだけプロテクター(脊椎パット、パンチガード、アームガード、シンガード等)の着用」と「スキー保険への加入」(傷害保険)を強制させて頂きます。

9  その他

①札幌藻岩山スキー場で行われる各種大会等への参加は、原則コーチ2名が同行しますが、会場までの交通手段は、各自で保護者の責任において行うこととする。
②スーパージュニア会員が、藻岩山スキー学校の一般講習に参加することは自由ですが、講習料金は別途受付に支払うこととする。③シーズン券の再発行はできないので、各自で責任を持って管理する。
④用具は自己管理する。